ZCoder v2


<PR>
消費者金融の中には法で定められた以上の利息を要求するいわゆるブラックな会社が存在します。そのような会社から融資を受けないために比較サイトなどできちんと金利や限度額などを確認し、信頼の置ける業者に申し込みをしたいものです。>>おまとめローン情報はこちら

ZCoder について

ZCoderとは、Power Macintosh上で動作する、Z-MUSIC Ver.2 及び、Ver.3の製作環境です。
いわば、MMLで音符を入力する、MIDIシーケンサです。

ZCoder version.2では、MacOSX 上でZCoderの全ての演奏機能を利用できるようになりました。


動作条件等

ZCoderは、MacOS 9.1〜9.2.2、及びMacOS X v10.2.8 以降で動作するCarbonアプリケーションです。
ZCoderが動作するために必要な条件は、次の通りです。

 
MacOS9.1〜9.2.2 の場合
MacOSX v10.2.8 以降の場合
CPU
PowerPC 603以上のCPUを搭載したPower Macintosh PowerPC G3以上のCPUを搭載したPower Macintosh
メモリ
64MB以上
128MB以上
CarbonLib
バージョン1.2.5以降(※)
-
その他
MIDI音源を使って演奏するには、Opcode OMS及び、MIDIインタフェースのメーカから提供されているOMSに対応したMIDIドライバが必要です。 外部MIDI音源を使って演奏するには、MIDIインタフェースのメーカから提供されているMacOSXに対応したMIDIドライバが必要です。

※MacOS9.1〜9.2.2には、バージョン1.2.5以降のCarbonLibがインストールされていますが、なるべく最新版のCarbonLibをインストールすることをお勧めします。最新版のCarbonLibは、Apple社のftpサイトより入手することができます。


リリースノート

ZCoder Ver.1.1 → Ver.1.2 への変更点は以下の通りです。

●バグ修正

●その他の変更

(旧バージョンの変更点はこちら)


ドキュメント

●Web上のリソース

●ZCoderのパッケージに含まれているドキュメント


謝辞

次の有用なモジュールを提供して下さった、作者の方々に感謝致します m(_ _)m

●zmc2Lib / ztomLib / zmc2Lib / z2m3Lib

やぎ。氏の製作されたMMLコンパイラを、MacOSプラットフォーム用にコンパイルし直したものです。

●zmc2man

同じく、やぎ。氏がHTML化された、MMLマニュアル及び、導入マニュアルです。
(Macintosh関連の説明は、YokoMuMuが作成し、組み込ませて頂きました)

●xg.zms / xg2.zms

mute氏に製作して頂いた、XG音源用のひな形です。

●YAMAHA MU2000(EX)音色名一覧

mute氏がHP上で公開されていたものをテキストファイルとしてお借りし、コンバートして組み込ませて頂きました。

●Roland SC-55/mkII/88/88Pro/8850, GM/GM2音色名一覧

EDIROLのHPでテキストファイルとして公開していたものを整形/コンバートし、組み込ませて頂きました。

●アイコン

栗栖 直也氏に製作して頂いたAquaアイコンです。

▲アプリケーションアイコン
▲ドキュメントアイコン

ダウンロード

●ZCoder 本体のダウンロード

ZCoder本体はサーバ容量の都合でVectorライブラリサイトへ移動しましたので、そこからダウンロードしてください。

ZCoder ver.1.2のダウンロード (1.93MByte) Update!

・ライブラリサイトへの送付前にNorton AntiVirus 9.0.3 にてスキャン済みです
・アーカイブファイルは、StuffIt形式で圧縮されています
・導入方法やトラブルシューティング等については、導入マニュアルを参照して下さい

※バージョンアップ時の注意点:
バージョンアップや、バージョンダウンを行うと、オプションの設定や、ZCoderの各ウィンドウの位置などの情報はリセットされます。
(元のバージョンに拠ってはリセットされない場合もあります)

●サンプルデータ

Sample1.zm3 (GM音源用データ, 9KByte)

ZCoderに組み込んだMMLのひな型(QTM用)から作ったオリジナル曲です。
拙いデータですが、動作確認用にどうぞ。


Extra files

・zmc2 / ztom / zmc3 / z2m3のビルド環境 (Macintosh用ファイル) (265KByte)

これは、zmc2/ztom/zmc3/z2m3をZCoder用にビルドするためのプロジェクトファイルです。
ZCoderのアップデートを待たずに最新版のzmc/ztomを使うことができるようになります。

なお、使い方については、それぞれのプロジェクトフォルダに入っているAbout...ファイルを参照して下さい。
ビルドには、Metrowerks CodeWarrior 7.2Jが必要です。(zmc2/ztomについては6.0Jでもビルド可能)

・ZCoder SDK Version 1.0 (Windows用ファイル) (141KByte)
・ZCoder SDK について (Readme.txt)

これは、ZCoderで作成した標準MIDIファイルを、Windowsのアプリケーションへ組み込んで利用するためのSDK(開発ツール)です。
ZCoderの再生エンジンをWindows/Macintoshのマルチプラットフォーム化し、更にSDKとしてパッケージにしたものですので、ZCoderを使って作成したデータの再生に対しては高い互換性があります。ループ演奏にも対応。

また、他のMIDIシーケンサを利用して作ったデータも、SMF(Standard MIDI File)であれば再生することができます。
RCP/G18/G36(レコンポーザ形式ファイル)の再生にも対応しています。

・ZCoder SDK Version 1.0 ソースコード (Windows用ファイル)

ビルドの可能な、ZCoder SDKの完全なソースコードです。
フリーソフトで利用する場合に限り特に利用制限はありませんので、改変したものをアプリに組み込んで利用して頂くことも可能です。
興味のある方はまで、ご連絡をお願いします。折り返しご連絡致します。


おわりに

今後のZCoderの展望について思いついたことを一言二言…。

来年の春以降にIntel Macが登場する予定になっています。しかしながら、現状のZCoder v2は恐らくRosettaを使っても動作しないと思います。なぜならば、ZCoderはCFM(コードフラグメント)のCarbonアプリだからです。

そこで、次期ZCoder(v3)では、取り敢えずはMach-O化し、Rosettaで動作するようにしたいとは考えています。再コンパイルをするだけなので、それほど手間は掛からない予定です。次期ZCoderについては、Intel Macでの動作を確認出来次第に公開する予定です。

MacBookでザックリと動作確認を行いましたが、IntelMac固有の不具合は見付かりませんでした。
現在、正式対応版を鋭意開発中。


[→戻る]